NEW IN | BODE ,STÜSSY ,ONLINE CERAMICS

INTERVIEW:Goodfight

先シーズンからUNION TOKYOでも好評を博してる注目のLA発メンズブランド「Goodfight」。Caleb Lin と Christina Chou 夫妻とその親友である Julia Chu、Calvin Nguyen によって設立され、その表現力の高いテーラーリングと厳選の素材から生み出される洗練されたシルエットでジェンダーレスに国内外でファンを増やし続けています。21SS コレクションのリリースにあたり、彼等の協力を得てスタジオの紹介とインタビューを実施。ブランドのバックグラウンドや彼等にとってのUNIONの存在、日本への印象、最新コレクションについて話を聞いた。

Photo by Brian Lee and Ray Lin

Caleb Lin

-いつどのようにしてブランドを始めましたか?
-When did the brand start and how?

Christina: 夫である Caleb とは常々クリエィティブエージェンシーを立ち上げたいと考えていて、旧友だった Julia と Calvin にも参加してもらってファッションを軸としたエージェンシーにするのがベストだと思ったのが始まりです。そして、2016年の残念な結果となってしまった大統領選の直後にアジア圏の国々へ旅に出たのですが、自国を離れてみて改めて(私達のような)アジア系アメリカ人の境遇や文化ほど特異でユニークなものは他にはない事に気付いたんです。その旅を経て私達の中に物怖じしない確固たるアイデンティティが形成されていったように思います。

Christina: Caleb and I had always wanted to start a creative company together, joining with our old friends Julia and Calvin it made sense to center it with fashion. After a devastating 2016 election result, we almost fled to Asia for an inspirational trip. While it was a motivating and unforgettable trip, there is nothing that can remind you of your otherness and the complexity of the Asian American diaspora than travel. From there, we began to craft our identity as an intentional, finely-crafted brand that is unafraid to be weird and beautiful.

Christina Chou & Julia Chu

-UNION LOSANGELESとの関係について教えてください。
-Relationship with Union LA

Caleb: 僕達みたいなLAを拠点とするブランドにとって、こうやってホームと呼べるような店舗があるということは非常に重要なことだったのです。個人的な見解だけどNYから移住してきた自分にとって、UNIONはSNSや世界を旅するのが一般化する大分前から世界中のファッション、音楽、カルチャー等を体験させてくれる架け橋であり憧れの存在だった。そしてそんなUNION LAの(コミュニティの)一部になりなりたいとさえ思ってたんだ。またその当時のLAにおいてはVISVIMやWTAPSなんかのブランドを扱う唯一の店舗だったし、今やメンズウエアのカテゴリーにおいては代表的な存在にまでなっていると思う。そして僕等のような東洋がルーツながらNY/シカゴ/ニューオリンズ/LAなどのアメリカ各都市で育ち、ミックスカルチャーをブランドとして表現している側としては、Goodfightを置いてもらうにはUNIONはパーフェクトな存在だったんだ。ハイファッション、ヴィンテージ、ストリートウエア、ワークウエア、HIPHOP、PUNK等々、一見バラバラでも好きな物全てをミックスすることは人生を豊かにしてくれると考えていて、Goodfightではそのユニークな観点をデザインで表現したいと心掛けてる。UNION LAはそういった表現をずっと昔からしていてハイ&ローをミックスするスタイルで現在のトレンドを牽引し、最前線に立っている存在だと思ってます。長年UNIONのファン側であった僕達が今や一緒にシーンを牽引するような仕事ができているのは非常に光栄な事だと思ってます。もちろん東京でもね!

Caleb: As a Los Angeles based brand, it’s difficult to describe how important being able to find a home in Union LA means to us. Personally, coming from New York, Union has always represented a unique space that was a bridge into foreign worlds most didn’t have access to before social media and before global travel became more regular–whether that was fashion, music, culture, etc. You wanted to be part of it, or take a piece of it home. For a long time, it was one of the only places to ever interact with brands like visvim, W/TAPS, and others, and when I moved to Los Angeles it was fascinating to see how the store continued to evolve to become an iconic institution for menswear overall. In a lot of ways, Union is the perfect store for Goodfight because as a brand we are an expression of mixed culture – we have Eastern roots, but grew up in the US (New York, Chicago, New Orleans, and Los Angeles); we love high fashion, vintage, streetwear, workwear, hip hop, punk, pun stickers–so many different things. For us, It’s the mixing of all those things that makes life special, and we try to express that unique viewpoint through the brand. Union Los Angeles has long been a place that similarly represents how different ideas come together in a beautiful way, and they’ve created a unique style and culture that comes from mixing the highs and lows which has made them a vital force in fashion today. After spending so many years being fans and consumers of it, we’re now so grateful to be part of telling that story–and now to also continue that in Tokyo!

Calvin Nguyen

-今シーズンのテーマについて聞かせてください。
-This season’s theme
(maybe including the Japanese fabric aspect would be great!)

Caleb: SS21は子供の頃の探究心を再発見する事がテーマ。誰もが幼少期の初恋の思い出や初めての演劇、自分でバスや電車を使って違う街に買い物に行った時のような記憶があると思う。そういった大切な記憶や思い出をPUNK精神や反抗心、その頃の友情心なんかをアイデアにしてコレクションに落とし込んだのです。具体的に「G65 Anorak(ジャケット)」や「Permapress Slim Trouser(パンツ)」といったアイテムはデッドストック生地を使用していて、ここでは「時間」そのものが有限であり貴重なものであるという観点を表現しています。僕のお気に入りの「Plaza Trucker(ジャケット)」の刺繍やスタッズは、その当時皆それぞれがDIYでカスタムしていたような「自分だけの実体験」を表現しているし、「Orchard Shirt」のメタルボタンは昔プラスチックのボタンが気に入らなくて自分で付け替えたシャツのような思い出を再現しているんだ。ミリタリーグリーンの「Permapress Slim Trouser」は50年代のヴィンテージファブリックを表地に、裏地はベトナム戦争時のジャケットのVentile(当時の撥水生地)で仕立てていて、これは異なる時代のものを組み合わせて新たに再構築するような観点で作っています。そうですね、こういった「双対性」はある意味でブランド全体に通じるものがあると思います。そんな中でも「G65 Anorak」の出来栄えはすごく良くて、コーチジャケットの袖とウエストのスナップボタンにスタッズを加える事により、取り外してスカート部分のパーツをキルトとしても使えるようにしているんだ。ちなみにコレクションのほぼ全てを日本製の生地やデッドストックのヴィンテージ生地、ミリタリー生地やUS製のニットジャージ生地等を使い、縫製はLAの工場で行ってます。


Caleb: SS21 is about rediscovering the way we find ourselves when we are kids. All of us have a story about our first crush, the first time we acted out, or took a bus or train to another city just to buy something we’d been dreaming of. We engaged these ideas through themes of punk, rebellion, and childhood friendship – many of the pieces like the G65 Anorak or Permapress Slim were made from deadstock vintage fabric in order to deal with the idea that time is limited and precious. One of my favorite pieces is the Plaza Trucker – the embroidery and studding was meant to mimic punk-style DIY customizations that we do as kids to make something “ours”. Pieces like the Orchard Shirt have metal buttons like an old shirt that you switched out all the usual plastic buttons to be cooler. The army colorway Permapress Slim actually features vintage military tent fabric from the 50’s on the outside panels, while the inside panels is made with Vietnam War era ventile that was used on military parkas – again the mixing of these two also represents taking old things and making them new by putting them together. The idea of duality is also a running theme throughout all of Goodfight’s collections. Lastly, I love what we did on the G65 Anorak – it is studded with coach-jacket snaps on the cuffs and waist that allow you to remove the cuffs and “skirt” that you can wear separately as a kilt. The idea for the jacket came from how when you’re a kid, you’re identity is constantly changing so the jacket allows you to change the style depending on how you want to wear it. Overall, we used a mix of Japanese fabric, deadstock vintage and military fabric, and USA-knit jersey–all of which, as usual, was manufactured locally in our small factories in Los Angeles.

スタジオには多数日本の雑誌の姿も

-日本について好きな物や場所、思い出などがあれば教えてください。
-Favorite parts of Tokyo (plus memorable moments while visiting)

Calvin: 好きな物や思い出が沢山ありすぎて1つに絞るのは難しいなぁ。(笑)まず日本に来て出会った人々が滞在の時間を想像以上に素敵なものにしてくれたのは間違いないです。気の置けない仲間との時間が充実したものにしてくれたのではないかな。「Shozo(表参道」や「Sidewalk(中目黒)」等のコーヒースタンドを巡った時間も良かった。閉まったタバコ屋で煙草を吸っていた時や、「Yogoro(UNION TOKYO近のカレー店)」のそばにあったうどん屋さん「Usagioudon」
も美味しかった。そんな訪れた全ての場所で感じるエネルギーは他の国には無いと思う・・とても東京が恋しい。

Calvin: That’s a hard question.  There are so many memories and experiences I have had in Tokyo that’s it’s hard to pinpoint  anything specific.  However, all the people I have met in Tokyo/Japan have made my experiences worth more than gold.  It was always the laid back dinners and get togethers that really made my life rich. A lot of memories exploring coffee shops like Shozo / Sidewalk Stand.  Smoking cigars at the now closed “Tobacco Stand”.  Eating Udon at some treehouse looking spot I can’t even remember the name of, but it’s close to Yogoro curry, which is bomb too!  All in all, the energy I get from visiting Tokyo is not like anything else in this world.  I really miss it.

Julia: 私の一番の思い出は、CalvinとSS19のサンプルを探しに行った中野の商店街かな。オフの日に日本のフィギュアを探しに行きたくて、友達が中野ブロードウェイを教えてくれて行ったのだけど、私達が好きなアニメや漫画が沢山集まった夢のような場所だったわ。オタク心に駆られて帰国直前も再訪(笑)。新幹線のようなカウンターだけの回転寿司店で食事を済ませて、ブロードウェイ中の店舗をまわってフィギュアを探したのを憶えてる。ここ購入したお尻の形の頭のフィギュアのキーホルダーは未だにお気に入りね。

Julia: One of my favorite memories while visiting Tokyo was exploring this old school shopping mall w Calvin during a development trip for SS19. We were in search of toys in our off hours, and a friend has suggested we try Nakano Broadway. It’s an old school shopping mall towards the fringes of Tokyo with floors dedicated to anime, manga and the like. We rushed over before our flight and proceeded to nerd out.  We ate at a tourist sushi bar where orders were driven out by a mini replica of the Bullet Train and then ran around checking every shop and stall for miniatures and knick knacks. I picked up one of my most favorite keychains to date: a tiny man with a head shaped like a bare bum, bowing and crying.

– 最後に東京のみんなへメッセージをお願いします。
-Shout out to Tokyo

まずは東京にいる友人達にメッセージを伝えたいです。Bebetan, Take & Lauren, Jun, Gaku, Tadanobu, Sean & Rei, Haruka, Kiko & Min, Ishibe, Moeka, Nori, Daigo, Taka, James, Hayato & Kei, Sekine, Hattori, Satomi, Yo san, Junya… 近々会えると良いですね!ブランド立ち上げの際に色々と援助してくれたBebeさんには本当に感謝しています。彼の言葉やサポートがなければ今の私達は無いと思う。そしてSean, Rei, Nori, Take, Taka, and Junは初期のコレクションから日本での生産をサポートしてくれたお陰で私達のブランドの基盤を作る事が出来たのです。彼等にも本当に感謝してます!

A quick shout out to our friends & family in Tokyo: Bebetan, Take & Lauren, Jun, Gaku, Tadanobu, Sean & Rei, Haruka, Kiko & Min, Ishibe, Moeka, Nori, Daigo, Taka, James, Hayato & Kei, Sekine, Hattori, Satomi, Yo san, Junya…we miss you guys so much and hope to see you all soon!! When we first started the brand, Bebe was a huge mentor for us, and we would not be here without his encouragement, advice, and support. We also will never forget the work of Sean, Rei, Nori, Take, Taka, and Jun in our early seasons when we were doing made in Japan production that helped build the foundation that Goodfight is known for today. We are forever grateful!

Goodfight

LA に拠点を置くメンズブランド Goodfight (グッドファイト) は2017年にCaleb Lin と Christina Chou 夫妻とその親友の Julia Chu、Calvin Nguyen の4人によって設立。メンバーのうち3人はOpening Ceremony で働いていた経緯がある。プロダクトの特徴は奇抜さがありつつも、ジェンダーレスでクラシカルな雰囲気を持ち、彼らが掲げる理念でもある「ジェンダーに対する伝統概念への挑戦」を感じることのできるブランド。

RELEASE DATE

2021/2/17 (Wed) AM9:00

ITEM

ORCHARD SHIRT
(CREAM)
¥37,950  
ORCHARD SHIRT
(BROWN)
¥37,950  
FRANCOISE SHIRT
(WHITE)
¥35,970
FRANCOISE SHIRT
(BLACK)
¥35,970
SALON TEE
¥13,970
NORTH AM TOUR TEE
¥13,970  
AIRBRUSH TEE SHIRT
¥13,970  
SOFT WAVE PLEAT TROUSER
(CREAM STRIPE)
¥42,900  
SOFT WAVE PLEAT TROUSER
(ARMY STRIPE)
¥42,900
PERMAPRESS SLIM
¥42,900