NEW IN|UNION ORIGINAL, NIKE, AWAKE NY

INTERVIEW:BODE

ハンドクラフトとヴィンテージファブリックが織りなすノスタルジックなムードで異彩を放つ気鋭ブランド「BODE」デザインチームに、ブランド立ち上げからUNION LA との関係性などを聞いた貴重なインタビューを公開。

about BODE
ニューヨークを拠点に活動するデザイナー、Emily Adams Bode(エミリー・アダムス・ボーディ)が主宰のブランド「BODE(ボーディ)」。アトランタ出身のEmily Adams Bodeは、Parsons School of Design(パーソンズ美術大学)でメンズファッションデザインと哲学を専攻し、「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」と「RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)」で経験を積んだ後、16年に同ブランドを始動。翌年には、メンズウエアの女性デザイナーとしては初めてニューヨーク・ファッション・ウィークに参加。昨年、アメリカファッション協議会(CFDA)による「CFDAアワード」のエマージング・デザイナー賞を受賞するなど業界が注目するアップカミングなデザイナー。

1. Emily Bode first launched the brand in 2016. In 2017, Bode was the first female designer to show in New York Men’s Fashion Week. The brand’s first collection was composed entirely of one-of-a-kind garments made from antique textiles.  Today, Bode continues to reinvigorate American Menswear through the art of storytelling and the preservation of craft. Modern workwear silhouettes and female-centric traditions of quilting, mending, and applique shape the collections. Each piece is tailor-made and tells a unique story.

デザイナーである Emily Adams Bode(エミリー・アダムス・ボーディ)は2016年にブランドをローンチし、翌年には女性デザイナーとしては初めてNew Yorkのメンズファッションウィークでショーを開催。初のコレクションでは全てヴィンテージのテキスタイルを用いた1点物のみで構成し、デビュー当初よりアーティストやスタイリストがこぞって着用するなどファッションシーンの枠を超えて話題を集めた。

今シーズンおいても引き続きヴィンテージの魅力や背景を洋服を通じて伝え、クラフト技術や伝統を守ることでアメリカンメンズウエアシーンを再び活気づける一端を担っている。具体的にはモダンなワークウェアのシルエットと女性の手によって生み出された伝統的なキルティング生地を組み合わせたピース等で形成され、コレクション全てのウエアがそれぞれヴィンテージたる背景を物語るラインナップとなっている。

2. Chris Gibbs has been an enthusiastic supporter of our brand both on a personal level and in his store where we have had an incredible response to the collection. We’re so excited to continue our relationship as Union celebrates its 30th Anniversary, a truly incredible milestone for an iconic, independently owned retail company that has always cultivated a unique identity and strong connection with its loyal clientele. 

LAのChris(UNIONオーナーのクリス・ギブス)には当初からプライベートでもストアとしても熱心なサポートをしてもらっており特にLAストアのお客様には非常に良い反響を頂いてます。私達はブランドとして30周年を迎えた UNION と関係性があることを誇らしく思います。またこの偉業は UNION がインディペンデントでありながら独自性があり、親密なコミュニティを築いてきたからこそだと思います。

3. Bode’s FW20 collection is based on Emily Bode’s close friend Benjamin Bloomstein. Bloomstein, who is half of the furniture and interior company Green River Project, had an unconventional upbringing in an old Shaker village in upstate New York. This collection explores the relationship between alternative education, agricultural communities and sustainability through the developmental years of Bloomstein.

FW20コレクションはEmily Bodeの友人でもあり、コラボレーション先でもある Benjamin Bloomstein(ベンジャミン・ブルームスタイン)の学生時代の実体験が着想源。現在は家具やインテリアなどデザインスタジオ Green River Project のオーナーも務める Bloomstein が育ったNY北部にある古くからシェイカー教徒が住む農村での独特な生活様式をインスピレーションに、シェイカー教の宗教的な規律の下で生み出された独自の教育方法や自給自足の農作業がベースとなっているサスティナブルな生活様式など Bloomstein が成長期に過ごした実体験を落とし込んだコレクションとなっています。

4. Japan is somewhere I’ve always wanted to visit. I am continually inspired by the strong connection we have with our growing number of Japanese clients across the country. The city of Tokyo in particular was the first international city to carry Bode, and our customers in Tokyo are especially enthusiastic. In particular, the admiration and appreciation for antique textiles with our Japanese clientele is second to none.

日本は私達がずっと訪れたいと思っている国です。東京はアメリカ以外の海外で初めてBODEを卸した国ということもあってBODEを取り扱ってくれている日本全国各地の店舗にはいつも勇気付けられています。特に日本人のヴィンテージのテキスタイルについての造詣の深さにはいつも驚かされますし、ブランドの理解にも繋がっているので何人にも劣らないほど現クライアントには感謝してます。

PRICE

RED BOW TIE QUILT SHIRT:¥63,800
EASTERN PAISLEY PATCHWORK LONG SLEEVE SHIRT:¥63,800
SILVER SCREEN SWEATSHIRT:¥53,900
PRIMARY STRIPE LONG SLEEVE SHIRT:¥82,500 (IN STORE)
PRIMARY STRIPE SWEATPANT:¥95,150
CANVAS FISH BAG:¥41,800

ITEM