【HELLO 2020】 FALL/WINTER SALE 30% - 40%

【Off-White™ × Nike】WMNS WAFFLE RACER 12/12 リリース

2019 Spring READY-TO-WEARのランウェイでもプロトタイプが使用され話題になった、ヴァージル・アブローとナイキによるウィメンズラインの新コラボプロジェクト “Athlete in Progress” Collection(アスリート イン プログレス コレクション)から第3弾となるWAFFLE RACER SP(ワッフルレーサーSP)がリリース。
トレーラーでは世界選手権800mチャンピオンであるCaster Semenya(キャスター・セメンヤ)を起用し、ヨハネスブルクの街を駆け抜け、その力強くアクティブな走りはトラックの内外で進化を促すビジョンが表現されている。
プロダクトデザインは、1977年に初登場し、ナイキの創始者ビル・バウワーマン(Bill Bowerman)の手がけた有名なオレゴン ワッフルから誕生したナイキのランニングシューズモデル「ワッフルレーサー」をベースに採用し再構築した本モデルは、第1弾「Zoom Terra Kiger 5(ズームテラカイガー5)」、第2弾「Vapor Street(ヴェイパーストリート)」と同様に二重構造のアッパー外側には半透明のTPE素材を使用。
インサイドにはテキスタイルが配され、通常空いているシューレースホールを排除しフライワイヤー仕様に変更。その他に切りっぱなしのシュータンなど、以前Virgil Ablohが手掛けた『The Ten(ザ・テン)シリーズ』の特徴を色濃く受け継いだファン待望の一足に仕上がっている。
一際目を惹くアウトソールには刺々しいゴム製スパイクのトラック仕様となっており、部分的に異なるカラーが落とし込まれているが、このディテールに関しては第1弾のZoom Terra Kigerはミッドソールにはみ出るマーブルダイの様な配色、第2弾、Vapor Streetはスパイク部分、そして今作はソール部分へランダムに配色されており、1~3弾にかけてプロダクト毎に細かいマイナーチェンジ加えられている事がヴァージルのこだわりが強く感じられる。
内側とシューレースにはOFF-WHITEらしくタギング文字がプリントされ、ジップタイが取り付けられている。
カラー展開はWHITE/SILVER,BLACK/PINK,BLUE/GREENの配色からなる3色が展開される。
BLACKは継続の配色となり、他2色は前作の色合いを引き継ぎつつマイナーチェンジされ、新しいバリエーションとなった。
BLACKを除けば過去2作に比べ、カラーブロックが少なくなり全体的にまとまりがあり、落ち着いた印象を持感じる。
配色に尖りが無くなった事や、ワッフルレーサーの丸みを帯びたフォルムも合間ってパンツを選ばず幅広くワードローブに合わせやすい仕上がりとなった。
Off-White x Nike WMNS Waffle Racer SP
¥15,000+TAX
12/12 (Thu.) AM9:00リリース予定

※サイズによりページが異なりますのでサイズ選択をお間違えないようお気を付け下さい。
サイズ表記はウィメンズサイズとなっております。
サイズ間違えによる注文のキャンセル、返品、交換は発送の前後に関わらず一切いたしません。
また、商品不良があった際は代替えのご用意(靴以外の全ても含む)がございません。返金のみの対応とさせて頂きます事、予めご了承下さいませ。
オンラインでの販売商品についてストアへお問い合わせを頂いてもお答えできませんのでご遠慮下さい。

ブランドページへ

22.5cmはこちら

23.5cm~25.5cmはこちら

26cm~28.5cm